冷凍食品(冷食)・冷凍野菜・お弁当の売上・取扱ランキング・ニュース

水産タイムズ社
トップページお問い合わせサイトマップENGLISH
Seminar

国内セミナーのご案内

第1回 冷食WEBセミナーのご案内
『冷凍食品業界の現状を解き明日を考える』

日時・詳細

2021年4月13日(火) 15:00 〜 16:30

講師:山崎佳介 国分グループ本社取締役常務執行役員 低温フレッシュ統括部長
兼 国分フードクリエイト代表取締役社長

竹永雅彦 ニチレイフーズ代表取締役社長

受講方法:WEB配信
聴講料金:1人5,000円(税別)
申込締切:2021年4月9日(金)

主催:株式会社 水産タイムズ社(冷食タイムス)
TEL:03-3456-1411 FAX:03-3456-1416
E-mailsuisan@suisantimes.co.jp

セミナー内容

テーマ『冷凍食品業界の現状を解き明日を考える』
《トップ対論》国分Fクリエイト山崎社長 × ニチレイF竹永社長
【山崎佳介氏】
1985年国分入社。2013年執行役員、関東支社長。15年低温フレッシュFサービス統括部長、16年国分Fクリエイト社長。獨協大卒、61年生まれ。
【竹永雅彦氏】
1989年ニチレイ入社。15年ニチレイフーズ執行役員、16年家庭用事業部長、17年常務、18年取締役常務。19年社長。東北大農卒。64年9月生まれ。

 コロナ対応に迫られた2020年の1年間で、社会構造もライフスタイルも、食のあり方や働き方までもが大きく変化しています。冷凍食品業界もコロナを機に、市場環境は大きな変化を見せ、冷凍食品に対する生活者や業務用ユーザーの意識も新たな方向に歩み始めています。
 とりわけ家庭用冷凍食品は、家ごもり、外出自粛などを背景として、需要は大きく膨らみ、コロナ特需で冷凍食品の消費量が伸びたことをきっかけに、サプライチェーン全体の見直しが求められております。
 一方、業務用冷凍食品市場は、コロナの影響が大きく、いまだ回復の兆しが見られず、今後の事業展開に厳しい見通しをせざるを得ません。ただ、高齢者施設・病院や、コロナを機に注目度が高まったテイクアウト・デリバリーは堅調な需要を維持しており、業務用回復の一つのきっかけとして期待されています。
 こうした冷凍食品の新しい市場環境の中で、我々はいかに今後の事業に取り組み、何を手掛けなければならないか。
 これをひも解くため、国分フードクリエイトの山崎佳介社長とニチレイフーズの竹永雅彦社長を講師として招き、WEBによる「第1回冷食WEBセミナー」を実施します。
 山崎社長と竹永社長はコロナ禍の中でも情報交換を重ね、市場や売れ筋変化、取り組むべき商品・営業課題、新しい動き、成功事例・失敗事例などを共有してきました。
 冷食メーカー大手と低温食品流通大手のトップが、業界の現状、これからの冷凍食品のあるべき姿などにつき、熱き意見を直接交わす場として「冷食WEBセミナー」を行います。是非ご参加下さい。

 

申込方法

参加申し込みフォームにて所定の事項を明記のうえ送信して下さい。弊社で確認次第、郵送にて請求書をお送り致します。

※なお、お支払いいただいた参加費は払い戻しいたしかねますので、あらかじめ御承知おき下さい。

水産タイムス 冷食タイムス
(C) Copyright 2004-2015, Suisan Times Co., Ltd. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。  お問い合わせ |サイトマップ著作権・記事使用・リンク・個人情報の保護などについて>>